[党首走る]政治の安定 外交アピール…自民 安倍総裁 64

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

街頭演説終、聴衆とタッチする自民党の安倍総裁(8日午後、岩手県北上市で)=武藤要撮影
街頭演説終、聴衆とタッチする自民党の安倍総裁(8日午後、岩手県北上市で)=武藤要撮影

 参院選に勝利すれば、11月に首相としての通算在職日数が桂太郎を超え、歴代最長となる。

 「米国のトランプ大統領は意外と人の話はよく聞いてくれて、筋が通っているなと思ったら『分かったシンゾウ。協力するよ』と言ってくれるんです」

 街頭演説では長期政権下で築いた各国首脳との親密な関係をアピールし、「政治の安定」の大切さを訴えるのが定番となった。

 同時に、2012年の政権奪還までの「混乱」を生んだきっかけが自らにあることも、忘れていない。第1次内閣時代の07年参院選では年金記録問題などが噴出し、自民党は歴史的大敗を喫した。自身は2か月後に退陣した。衆参「ねじれ」を生み、1年ごとに内閣が交代する事態を招いた。「悔やんでも悔やみきれない。令和の時代を迎えて、あの時代に逆戻りするわけにはいかない」と声を張り上げる。

 過酷な日程を戦い抜く原動力は、「選挙になると旺盛になる」と周囲が驚くほどの食欲だ。遊説先でご当地グルメを味わい、精を付ける。長期政権の自負と12年前の反省を胸に、自民党総裁として前人未到の「国政選6連勝」を目指す。

(政治部 池田慶太)

無断転載禁止
678925 0 参院選2019 2019/07/08 15:00:00 2019/09/19 15:41:56 街頭演説を終え、聴衆とハイタッチする自民党の安倍総裁(8日午後0時28分、岩手県北上市で)=武藤要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190708-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ