[参院選 ここに注目]障害者も安心できる社会に…車いす陸上の元短距離選手 永尾嘉章さん 56

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

車いす陸上の元短距離選手・永尾嘉章さん(56)
車いす陸上の元短距離選手・永尾嘉章さん(56)

 パラリンピックに車いす陸上の短距離選手として7回出場しました。2017年に現役を引退してからは、全国の小中高校で講演活動をしています。

 私は5歳の時にポリオ(小児まひ)を患い、車いす生活になりました。電車で通学していましたが、当時は街中のバリアフリー化は進んでおらず、すれ違う健常者から冷たい目で見られることも多くありました。

 その頃から比べると、良い意味で変化を実感できています。教育現場では、障害のある子とない子が共に学べるよう環境整備が進められ、16年には障害を理由に差別を禁止した障害者差別解消法が施行されました。来年、東京パラリンピックが開催されることで、パラ選手が注目される機会が増えたことも、障害者への理解促進につながっていると思います。

 ただ、残念なこともありました。昨年は中央省庁による障害者雇用の水増し問題が発覚し、国の消極的な姿勢が露呈しました。

 私の周りには、働きたくても働けず、障害者年金に生活を頼らざるを得ない人もいます。障害のある子どもを持つ親は「自分が死んだらこの子はどうなってしまうんだろう」と切実な思いを抱えています。障害のある人もない人も安心して暮らせる社会を実現するため、本気で考え、取り組んでくれる政党や候補者を見極めたいと思います。

無断転載禁止
678943 0 参院選2019 2019/07/08 15:00:00 2019/09/19 15:41:57 車いす陸上の元短距離選手・永尾嘉章さん(56) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190708-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ