[参院選2019]21日五輪テスト大会…交通規制 遠のく投票所

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

期日前 選管呼びかけ

 参院選の投開票日にあたる21日、東京、神奈川、山梨、静岡の1都3県では、2020年東京五輪で実施される自転車競技(ロード)のテスト大会が開かれる。投票所の周辺などでも交通規制が行われるため、投票や開票作業の混乱も懸念され、各選挙管理委員会は期日前投票を呼びかけるなどの対応に追われている。

 テスト大会はこの日の正午、武蔵野の森公園(東京都府中市など)をスタートする。選手が乗る自転車は多摩地域を西に向かって神奈川県に抜け、山梨県を経由して静岡県小山町の富士スピードウェイがゴール地点だ。東京五輪の大会組織委員会などによると、交通規制は都内8市のほか、神奈川県相模原市と山北町、山梨県道志村と山中湖村、静岡県御殿場市と小山町の計14市町村で行われる。コース周辺では午前11時から午後5時50分にかけて、断続的に車だけでなく歩行者の通行も禁止され、一部を除いて横断もできなくなるという。

 都内最長の11・8キロがコースとなる多摩市では、有権者に送る入場整理券に規制内容を知らせる案内を同封。テスト大会の運営に当たる職員も投開票作業から外す。市選管の担当者は「作業に習熟した職員が減るので、何らかの影響はあるかもしれない」と心配する。約30キロがコースとなる相模原市緑区選管も、多くの見物客や交通渋滞を予測し、区内全世帯に期日前投票や規制時間外の投票を呼びかける。

 山梨県道志村では、村内を縦断する国道413号が通行止めとなり、村内の全投票所5か所に車で行けなくなる。広報誌などを通じて周知したところ、7日までに前回16年参院選の同時期より41人増の53人が期日前投票を終えた。村の元職員5人と地元金融機関の職員約10人にも協力を要請し、投票所での作業や大会ボランティアに当たってもらうが、村選管は「人手不足が心配だ」と不安げだ。

 静岡県小山町は約7500世帯の4割に相当する約3000世帯が規制地区にかかるため、町は防災行政無線などを通じて期日前投票を呼びかけている。

無断転載禁止
682026 0 参院選2019 2019/07/10 05:00:00 2019/09/19 15:41:50 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190710-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ