「民主党」は国民民主…比例票扱いで指針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は9日、参院選比例選で、政党名や候補者名で判別が難しい「疑問票」の扱いに関する指針を各都道府県選挙管理委員会に通知した。国政選に初めて臨む国民民主党について、略称の「民主党」のほか、「国」や「国民民主」を有効例として示した。

 参院選の比例選では、有権者は政党名か候補者名を投票用紙に記入する。政党名の場合、正式名称のほかに、各党派が届け出た略称も使用できる。2017年衆院選では、立憲民主党の略称が「民主党」だったが、今回は立民が「りっけん」、国民が「民主党」で届け出た。

 「民主」は、立民や国民、自民党(正式名・自由民主党)、社民党(同・社会民主党)の党名にも含まれるため、どの党の有効例にも挙げられなかった。「民主」と書いて投票した場合、無効となる可能性が高い。

 自民は「自」など、公明党は「公」を有効とした。

無断転載禁止
682972 0 参院選2019 2019/07/10 16:04:00 2019/09/19 15:41:44

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ