[参院選 現場から]<1>好況 地方「実感ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 参院選は、6年半に及ぶ安倍政権への評価を下す場だという。アベノミクスや地方創生、女性活躍など様々な政策が掲げられたが、社会の隅々にはいまだ多くの課題が横たわる。人々は暮らしの中で何を感じているのか。課題の現場を歩いた。

旅館廃業相次ぐ温泉地も

多くの旅館が並ぶ塩原温泉郷だが、客の姿はまばらだ(栃木県那須塩原市で)=鯨井政紀撮影
多くの旅館が並ぶ塩原温泉郷だが、客の姿はまばらだ(栃木県那須塩原市で)=鯨井政紀撮影

 栃木県那須塩原市の「塩原温泉郷」には、バブル期に建てられて老朽化したホテルが並び、観光客の姿はまばらだ。「あと2~3年が限界かもしれないと多くの経営者が嘆いている」。140年以上の歴史を持つ老舗温泉旅館「松楓楼しょうふうろう 松屋」の田代茂樹社長(60)はため息をついた。

 安倍政権の経済政策「アベノミクス」は日本銀行の大規模な金融緩和策を通じて景気を回復させた。円安、株価の高値基調が続き、企業の業績は過去最高水準にある。有効求人倍率も全都道府県で1倍を超え、雇用も改善された。最もわかりやすい成果がインバウンド(訪日外国人客)の増加だ。2018年には、日本を訪れた外国人が初めて3000万人を突破。地方でも徐々に効果が表れている。

 栃木県日光市にある世界文化遺産「日光の社寺」の日光東照宮。国宝・陽明門の前には、スマートフォンで記念撮影し、談笑する外国人観光客の姿が絶えない。18年の同市の宿泊客数は330万7191人で、このうち9万2968人を外国人が占めた。20年には外資系高級ホテルが開業予定で、観光が経済の好循環につながってきている。

 それなのに地方では、好景気を実感できないとの声も聞かれる。同じ県内でも、インバウンドの好調な流れに乗れない地域もある。

 塩原温泉郷の観光客はピークの362万人(1994年)から、245万人(2018年)まで落ち込んだ。1998年に80軒あった宿泊施設は経営者の高齢化や後継者不足で廃業が相次ぎ、今では49軒に減った。

 チャンスを生かせない理由の一つは、人手不足にある。円安で輸出産業の業績が上がり、地方の若者ら働き手が都市部の大企業に引き寄せられるからだ。

 特に旅館の人手不足は深刻だ。栃木県内の有効求人倍率は今年5月に1・47倍と、リーマン・ショック以降で最高となった。ある旅館経営者は「ここ2、3年で時給を300円上げても、人が集まらない。都市部で給料のいい仕事があふれている」と漏らす。

 隣の那須町など各地で外国人旅行客への対応を強化する中、ある旅館の女将おかみは「なんだか取り残された感じ……」と話す。ニーズの高い旅館内の公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」整備なども模索するが、まずは人材確保が先決となっている。

     ◇

豚骨ラーメンを出す「長浜ナンバーワン長浜店」店長の上田さん(福岡市で)
豚骨ラーメンを出す「長浜ナンバーワン長浜店」店長の上田さん(福岡市で)

 「替え玉、カタ(硬麺)1丁、お待たせしました」。掛け声とともに、おかわりの麺が丼に滑り込む。名物・豚骨ラーメンの人気店が軒を連ねる福岡市・長浜地区で約50年の歴史をもつ「長浜ナンバーワン長浜店」。1杯550円(税込み)、替え玉は110円(同)と庶民にやさしい価格だが、今秋、この5年で2度目の値上げに踏み切る。

 「客離れが心配だが、今の価格を維持するのは限界」。店長の上田健二さん(53)は申し訳なさそうに説明する。アベノミクスで為替は円安に振れた。輸入品は割高となり、小麦やニンニクなどのラーメンの材料費を押し上げた。雇用の改善による人材不足も追い打ちをかけている。

 ただ、値上げには苦い記憶がある。14年秋にラーメンを50円、替え玉を10円値上げすると、来店客も売り上げも、6割ほど落ち込む日々が続いた。内閣府は18年度の年次経済財政報告で、「個人消費は持ち直している」とうたうが、実感がないとの声もある。「削れるコストを徹底的に削り、味をさらに高めてお客さんの理解を得るしかない」と上田さんは語った。

 大和総研の神田慶司シニアエコノミストは「有効求人倍率を見ても、アベノミクスで地方経済にも一定のプラス効果があった。ただ、地方から東京へという人の流れを止めきれず、大企業の収益は増えても地方への波及が弱く、所得の増加にそれほどつながっていない」と課題を指摘した。

無断転載禁止
684293 0 参院選2019 2019/07/11 05:00:00 2019/09/19 15:41:41 人通りがなく閑散としている塩原温泉郷(5日午後1時53分、那須塩原市の塩原温泉郷で)=鯨井政紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190711-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ