[参院選2019 注目区を行く]<4>公明 菅氏の業界票に活路…兵庫

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸港に臨む神戸市のホテルに2日夜、港湾、建設業関係者らが続々と詰めかけた。3000人収容の大宴会場に入りきらず、約2000人はモニターを設置した別会場に誘導された。

 兵庫選挙区(改選定数3)の公明党公認、高橋光男(42)を「激励する会」。この日の主役は、壇上で大きなバラの胸章を付けた官房長官の菅義偉(70)と公明党の国土交通相、石井啓一(61)だった。

 「私は『令和』を発表させていただきました」

 菅はこう場を盛り上げると、観光政策、地方創生などの実績を並べ、「この最激戦区で高橋さんをお願いしたい」と力説した。

 神戸と同じ港町・横浜の市議だった菅は港湾業界に顔が利き、建設業への影響力も大きい。国交省は両業界を所管するだけに、「菅―石井は最強コンビ」(公明党関係者)で、団体側も声をかけられれば応じざるを得ない。

 高橋の後援会長に就いた日本港運協会会長の久保昌三(76)は、「お世話になっている菅官房長官、石井国交相の気持ちにお応えすべく、後援会長を引き受けさせていただいた」とあいさつした。

 公明党は兵庫を最重点区に位置付ける。県本部幹部は「勝利するには公明の基礎票34万票に、25万票以上の上乗せが必要」とそろばんをはじく。その活路を団体票に見いだし、徹底した地上戦を展開している。

 元来、港湾、建設関係の団体は自民支持だ。元県議の加田裕之(49)を擁立した自民は、「公明が本気で自民の友好団体に手を突っ込んできている」(兵庫県議)と警戒感を隠さない。

 だが、「自公で2議席獲得」との大義の下、党中央主導で進む公明の侵食に、守勢に回っている。菅は高橋の激励会を終えると、加田陣営には寄らずに帰京し、陣営からは「面白くない」と不満が漏れた。

 公明が最も意識しているのが、日本維新の会だ。4月の大阪府知事・市長のダブル選で自公側は完敗し、大阪寄りの地域はその勢いになお押されている。

 公明にとって「維新対策」の秘策は公約のトップに掲げた「議員歳費の10%削減」だ。議員定数や歳費の3割カットを掲げる維新に「抵抗勢力」と批判されないよう、土壇場で盛り込んだ。さらに、高橋陣営は独自に「歳費に必要な経費を20%返上する」と深掘りした。

 これには「本家」も黙っていない。

 「歳費削減法案を何度出しても賛成しなかった党が、選挙間近になって急に『身を切る改革』を訴え始めている。これはおかしい」

 維新の現職、清水貴之(45)が3日、神戸市で開いた決起集会では、16年に兵庫選挙区で当選した参院議員の片山大介(52)が拳を振り上げた。

 清水も2日の公明集会に触れ、「業界団体の5000人が集まったと聞いても怖くない。しがらみや利害関係のない皆さんの応援に自信を得た」と皮肉った。

 かつて改選定数2だった兵庫は長らく自民と民主党が議席を分け合ってきた。だが、13年に民主が維新にその座を奪われると、定数が3に増えた16年も民進党は公明にも敗れ、議席を得られなかった。

 立憲民主党公認の安田真理(41)は、「自民・公明の与党、与党の補完勢力と言われる維新ではなく、立民の力が必要だ」と訴える。ただ、共産党の金田峰生(53)も政権批判票を虎視たんたんと狙う。

(敬称略)

 ■兵庫(改選定数3)

 原  博義 47 諸新

 高橋 光男 42 公新 〈自〉

 安田 真理 41 立新 〈社〉

 加田 裕之 49 自新

 清水 貴之 45 維現《1》

 金田 峰生 53 共新

 (敬称略、届け出順、年齢は投票日現在、〈 〉は推薦・支持政党)

無断転載禁止
686988 0 参院選2019 2019/07/12 05:00:00 2019/09/19 15:41:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190711-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ