[参院選 ここに注目]子供の食環境 整えて…NPO法人 ワンダフルキッズ理事長 六郷伸司さん 55

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年春から、東京都板橋区の共同住宅の一室を借り、子供に無料で食事を提供する「まいにち子ども食堂高島平」を開いています。

 自分も会社員として働きながら4人の子供を育てましたが、家計が苦しく、塾に行かせる余裕はありませんでした。そこで8年前に無料学習塾を始めたところ、ご飯をろくに食べていない様子の子供がいました。「勉強どころではないな」と感じたのが、食堂を開くきっかけでした。

 食堂では、朝、昼、晩の食事のほか、おやつを随時提供しています。1年で延べ1万人以上の利用がありました。生活保護を受けながら毎朝やって来る親子、親が障害のため働けない境遇の子もいます。何日も風呂に入らず、ご飯を作ってもらえない子もいました。

 活動は寄付に頼らざるを得ない側面があります。今年度は民間基金の助成金を得ましたが、昨年度の運営は一般の方からの寄付や食材の提供で成り立っていました。今も毎日のようにケーキを持ってきてくれる人がいます。こうした拠点が増えてほしいですが、助成金や補助金が得られるとは限りません。どの地域の子供でも、きちんと食事ができる環境を作ることこそが、日本の未来を支えることにつながると思います。政治や行政が、もっと目を向けてくれることを期待します。

無断転載禁止
688349 0 参院選2019 2019/07/12 15:00:00 2019/09/19 15:41:33 「まいにち子ども食堂高島平」を運営する、NPO法人ワンダフルキッズの六郷伸司理事長(10日、東京都板橋区で)=吉川綾美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190712-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ