[参院選2019]立候補者アンケート 主な質問と回答(数字は%)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

Q1 参院選の争点として、特にどのような問題を取り上げたいと考えていますか。(回答は3つまで。3は消費増税の是非、9は憲法改正の是非、10は原発再稼働や脱原発の是非を取り上げる場合をそれぞれ含みます)

 1.景気・雇用対策38

 2.財政再建6

 3.消費税32

 4.法人税などその他の税制改革1

 5.教育無償化12

 6.待機児童対策など子育て支援23

 7.働き方改革13

 8.年金・医療など社会保障制度改革50

 9.憲法改正20

 10.原子力発電などエネルギー政策11

 11.震災からの復興・防災対策14

 12.外交・安全保障13

 13.日米貿易交渉1

 14.農業問題5

 15.政治とカネの問題1

 16.選挙制度改革3

 17.行政改革8

 18.地方の活性化16

 19.情報公開1

 20.外国人労働者受け入れ1

 21.その他16

 22.答えない1

Q2 安倍内閣の経済政策「アベノミクス」の成果はあったと思いますか、なかったと思いますか。

 1.成果があった25

 2.どちらかといえば成果があった14

 3.どちらかといえば成果はなかった19

 4.成果はなかった41

 5.答えない2

Q3 消費税率10%への引き上げを予定どおり2019年10月に実施すべきだと思いますか。

 1.実施すべきだ27

 2.どちらかといえば実施すべきだ4

 3.どちらかといえば実施すべきではない5

 4.実施すべきではない60

 5.答えない4

Q4 今後、さらに増え続ける社会保障費や財政赤字に対応するための方法として、最も望ましいのはどれだと思いますか。

 1.消費税の増税でまかなう5

 2.所得税や法人税など、消費税以外の増税でまかなう28

 3.赤字国債を発行する3

 4.社会保障費を削減する1

 5.経済成長を進めて税収を増やす45

 6.社会保障費以外の支出を減らす11

 7.答えない8

Q5 政府は高齢者の就業機会を65歳から70歳に引き上げる方針です。これに賛成ですか、反対ですか。

 1.賛成37

 2.どちらかといえば賛成30

 3.どちらかといえば反対11

 4.反対16

 5.答えない7

Q6 安倍首相は社会保障財源の使い方について、高齢者の支援に重点を置いていた現状を改め、子育て世代への支援にも広げる方針です。これに賛成ですか、反対ですか。

 1.賛成44

 2.どちらかといえば賛成25

 3.どちらかといえば反対12

 4.反対8

 5.答えない10

Q7 あなたは、国の歳出額をどのようにすべきだと思いますか。(a)~(h)のそれぞれについて、あなたの考えに近いものを選んでください。

 (a)公共事業費

 1.増やすべきだ32

 2.今のままでよい36

 3.減らすべきだ25

 4.答えない7

 (b)防衛費

 1.増やすべきだ21

 2.今のままでよい31

 3.減らすべきだ42

 4.答えない7

 (c)政府開発援助(ODA)

 1.増やすべきだ16

 2.今のままでよい53

 3.減らすべきだ25

 4.答えない7

 (d)公務員の人件費

 1.増やすべきだ18

 2.今のままでよい48

 3.減らすべきだ27

 4.答えない7

 (e)高齢者の医療・介護費

 1.増やすべきだ51

 2.今のままでよい29

 3.減らすべきだ13

 4.答えない8

 (f)生活保護費

 1.増やすべきだ33

 2.今のままでよい42

 3.減らすべきだ16

 4.答えない9

 (g)高等教育支援費

 1.増やすべきだ75

 2.今のままでよい14

 3.減らすべきだ3

 4.答えない7

 (h)子育て支援費

 1.増やすべきだ85

 2.今のままでよい8

 3.減らすべきだ1

 4.答えない5

Q8 今の憲法を改正する方がよいと思いますか、改正しない方がよいと思いますか。

 1.改正する方がよい56

 2.改正しない方がよい38

 3.答えない6

SQ 【Q8で1を選んだ人だけ】今の憲法で、条文を改めたり、新たな条文を加えたりする方がよいと思う項目があれば、次の中からあげてください。(回答はいくつでも)

 1.前文20

 2.天皇の地位やあり方20

 3.自衛のための軍隊保持40

 4.積極的な国際協力9

 5.環境権24

 6.知る権利やプライバシー権20

 7.家族の尊重11

 8.教育無償化32

 9.衆院の優越性強化1

 10.参院選の合区解消32

 11.国会の一院制8

 12.政党の位置づけ3

 13.首相の解散権の制約14

 14.憲法裁判所の設置22

 15.健全な財政の維持14

 16.国と地方の役割34

 17.憲法の改正要件の緩和15

 18.緊急事態条項の創設38

 19.その他20

 20.答えない2

Q9 憲法9条のあり方について、あなたはどの考え方に近いですか。

 1.戦争の放棄や戦力不保持を定めた1、2項を維持したうえで、自衛隊の根拠規定を追加する25

 2.戦力不保持を定めた2項を削除(改正)し、自衛隊の根拠規定を追加する6

 3.9条全体を改正する7

 4.改正すべきではない53

 5.答えない8

Q10 安倍首相が2020年の施行を目指す憲法改正のスケジュールについてどう思いますか。

 1.賛成8

 2.どちらかといえば賛成15

 3.どちらかといえば反対11

 4.反対50

 5.答えない16

Q11 現在、皇位を継承できる男性の皇族は3人です。皇位を安定的に継承させるため、制度の見直しが必要だと思いますか、そうは思いませんか。

 1.見直しが必要だ37

 2.どちらかといえば見直しが必要だ36

 3.どちらかといえば見直しは不要だ9

 4.見直しは不要だ5

 5.答えない14

Q12 歴代の天皇の多くは男性ですが、女性の天皇もいました。天皇の皇位継承などを定めている皇室典範を改正して、女性の天皇を認めることに、賛成ですか、反対ですか。

 1.賛成47

 2.どちらかといえば賛成24

 3.どちらかといえば反対8

 4.反対6

 5.答えない16

Q13 皇位継承はこれまで、父方が天皇につながる「男系」の天皇に限られています。母方が天皇につながる「女系」の天皇を認めることに、賛成ですか、反対ですか。

 1.賛成32

 2.どちらかといえば賛成16

 3.どちらかといえば反対16

 4.反対17

 5.答えない19

Q14 安倍首相の以下の国々との外交を評価しますか、評価しませんか。

 (a)米国

 1.評価する36

 2.どちらかといえば評価する13

 3.どちらかといえば評価しない15

 4.評価しない34

 5.答えない3

 (b)中国

 1.評価する18

 2.どちらかといえば評価する23

 3.どちらかといえば評価しない18

 4.評価しない38

 5.答えない3

 (c)ロシア

 1.評価する19

 2.どちらかといえば評価する21

 3.どちらかといえば評価しない18

 4.評価しない39

 5.答えない3

 (d)韓国

 1.評価する12

 2.どちらかといえば評価する21

 3.どちらかといえば評価しない24

 4.評価しない40

 5.答えない4

Q15 日本は米国と関係を強化すべきだと思いますか、そうは思いませんか。

 1.強化すべきだ29

 2.どちらかといえば強化すべきだ15

 3.今のままでよい21

 4.どちらかといえば距離を取るべきだ14

 5.距離を取るべきだ16

 6.答えない5

Q16 政府は、沖縄県の米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古沖への移設を進める方針です。この方針に賛成ですか、反対ですか。

 1.賛成30

 2.どちらかといえば賛成12

 3.どちらかといえば反対8

 4.反対46

 5.答えない5

Q17 日本は中国と関係を強化すべきだと思いますか、そうは思いませんか。

 1.強化すべきだ25

 2.どちらかといえば強化すべきだ37

 3.今のままでよい19

 4.どちらかといえば距離を取るべきだ8

 5.距離を取るべきだ7

 6.答えない5

Q18 日本はロシアと関係を強化すべきだと思いますか、そうは思いませんか。

 1.強化すべきだ28

 2.どちらかといえば強化すべきだ36

 3.今のままでよい21

 4.どちらかといえば距離を取るべきだ6

 5.距離を取るべきだ3

 6.答えない6

Q19 安倍首相は、ロシアが北方領土の4島のうち歯舞群島、色丹島の2島を引き渡すとした日ソ共同宣言を基礎に条約の交渉を進める方針です。これに賛成ですか、反対ですか。

 1.賛成22

 2.どちらかといえば賛成27

 3.どちらかといえば反対16

 4.反対25

 5.答えない11

Q20 日本は北方領土の返還に向けて、ロシアとの交渉にどのような姿勢で臨むのがよいと思いますか。1つ選んでください。

 1.4島の一括返還を求める26

 2.歯舞群島、色丹島の2島の返還を先に実現し、残りの島の返還交渉を続ける45

 3.歯舞群島、色丹島の2島の返還で決着させる4

 4.答えない25

Q21 日本は韓国と関係を強化すべきだと思いますか、そうは思いませんか。

 1.強化すべきだ25

 2.どちらかといえば強化すべきだ28

 3.今のままでよい19

 4.どちらかといえば距離を取るべきだ13

 5.距離を取るべきだ8

 6.答えない7

Q22 政府は、北朝鮮に核やミサイルの開発を放棄させるため、経済制裁などの圧力をより重視すべきだと思いますか、対話をより重視すべきだと思いますか。

 1.圧力重視10

 2.どちらかといえば圧力重視25

 3.どちらかといえば対話重視31

 4.対話重視28

 5.答えない7

Q23 安倍首相は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談について、前提条件をつけずに、実現を目指す考えです。この首相の考えに、賛成ですか、反対ですか。

 1.賛成42

 2.どちらかといえば賛成30

 3.どちらかといえば反対17

 4.反対6

 5.答えない6

Q24 あなたが選挙後、連携したいと考える政党を、次の中からあげてください。(回答はいくつでも)

 1.自民党22

 2.公明党25

 3.立憲民主党29

 4.国民民主党37

 5.共産党17

 6.日本維新の会9

 7.社民党33

 8.答えない21

Q25 次にあげる政党の党首(代表)に対するあなたのお気持ちを、温度に例えて数字でお答えください。最も温かい場合を100℃、最も冷たい場合を0℃、温かくも冷たくもない中立の場合を50℃として、0~100℃の間の数字で自由にお答えください。

平均

 安倍晋三氏(自民)39.6℃

 山口那津男氏(公明)38.7℃

 枝野幸男氏(立憲民主)47.8℃

 玉木雄一郎氏(国民民主)49.0℃

 志位和夫氏(共産)38.7℃

 松井一郎氏(日本維新の会)29.1℃

 又市征治氏(社民)39.3℃

 ◇調査は6月10日以降、参院選の立候補予定者を対象に実施し、実際に立候補した人の分を集計。回答者は318人(回収率86%)。質問文の作成や分析にあたり、早大の久米郁男教授、首都大学東京の荒井紀一郎教授の協力を得た。選択肢以外の回答は原則として無回答とした。Q24で連携したい政党として自身の所属政党を挙げた回答は除いた。(Q25以外は小数点以下を四捨五入しているため、数値の合計が100%にならないことがある)

無断転載禁止
689247 0 参院選2019 2019/07/13 05:00:00 2019/09/19 15:41:28

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ