[スキャナー]社会保障 「財源」に差…立候補者アンケート

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自公「経済成長で税収増」/立民「消費税以外の増税」

 参院選立候補者へのアンケートを分析すると、経済と社会保障の二つの争点をめぐる与野党の対決姿勢が鮮明になった。安倍首相が意欲を示す憲法改正については、与野党の対立だけでなく、改正に前向きな勢力の足並みがそろっていないこともわかった。(政治部 伊藤徹也、大藪剛史)

 「今年度の税収は過去最高だ。この果実を使って、大切な社会保障を充実させている」。安倍首相(自民党総裁)は12日、三重県伊勢市内での演説で、安倍内閣の経済政策「アベノミクス」の成果として税収が増えれば、結果的に社会保障制度の安定につながると訴えた。

 読売新聞のアンケート調査を見ると、こうした首相の訴えが党内に浸透していることがわかる。争点としたい問題を複数回答(三つまで)で聞いたところ、自民の立候補者は「景気・雇用対策」を挙げた候補が63%で最も多かった。アベノミクスの成果を聞いた質問にも、自民、公明の両党はほぼ全員が成果があったと答えた。

 これに対し、野党は年金制度への不安が高まっていると訴えている。立憲民主党の枝野代表は各地での演説で「老後の安心、生活防衛のために安倍政権を倒さなければならない」などと主張している。

 「1人区」で共闘を進めている野党は、社会保障制度を最大の争点と位置づけている。アンケートで「年金・医療など社会保障制度改革」を選挙の争点に挙げたのは、立民で70%、国民民主で64%、共産で84%、社民で67%に上り、各党ともに候補者が選んだ最も多い争点だった。

 参院選を前に、6月に首相の諮問機関の金融審議会が「老後に2000万円の資金が必要」とする報告書を公表し、麻生金融相が報告書を受け取らなかったことが批判された。立民などの野党は有権者の関心が高い社会保障問題を積極的に取り上げ、政権批判を強めている。

 10月に予定されている消費税率の10%への引き上げについては、野党の立候補者で立民の95%、国民の84%、維新の96%、共産、社民は全員が反対した。与党はほぼ全員が予定通り実施すべきだと答えた。

 ただ、今後も増え続ける社会保障費の財源については、与党内でも消費税率のさらなる引き上げに否定的な意見が根強い。

 安倍首相は3日の与野党党首らの討論会で、10月に消費税率を10%に引き上げた後の増税について「今後10年間くらいは必要ない」と述べた。社会保障費をまかなう財源について聞いた質問では、自民の立候補者の68%、公明の76%が「経済成長を進めて税収を増やす」と答えた。消費増税を挙げたのは自民で15%、公明で5%にとどまった。

 消費増税に反対する野党では、立民の50%が「所得税や法人税など消費税以外の増税でまかなう」を選んだ。

改憲 テーマばらつき…「早期改正」与党内に慎重論も

 今回の参院選は、安倍首相が意欲を見せる憲法改正も論点だ。首相は選挙戦で国会での憲法論議の加速を訴えているが、アンケート調査の結果から、与野党のスタンスの違いや与党内の認識の違いも目立った。

 自民党は昨年3月に9条改正を含む4項目の条文案をまとめた。公明党は必要な規定を加える「加憲」の立場だ。日本維新の会は教育無償化など3項目の改正を訴えている。

 これに対し、立憲民主党と共産党、社民党は安倍政権下での憲法改正に反対の立場だ。国民民主党の玉木代表は「憲法の議論を積極的に行う」と述べており、立候補者の意見も「しない方がよい」44%、「する方がよい」28%と分かれた。

 首相が3日の与野党党首らによる討論会で「国民民主党の中にも憲法改正に前向きな方々もいる」と秋波を送ったのは、国民の党内事情を背景にしたものだ。今回の選挙では、参院で憲法改正に前向きな勢力が改憲発議に必要な3分の2の議席を維持できるかどうかが注目されている。

 ただ、改正すべき具体的なテーマは、改憲に前向きな勢力でもばらつきがあった。各党で選んだ人が最も多かったのは、自民が「参院選の合区解消」、公明は「環境権」、維新は「教育無償化」と「憲法裁判所の設置」だった。自民は自衛隊の根拠規定を明記する9条改正案をまとめたが、公明は9条自体を「改正すべきではない」とした人が86%に上っている。

 首相が目指す2020年の改正憲法の施行に関しては、自民でも賛成は37%にとどまり、無回答が60%で最多だった。公明は95%が反対した。野党の反対で国会の憲法審査会は開かれておらず、議論が停滞する中で改憲の期限を区切って押し切ることについて、慎重な意見が与党内にあるようだ。

無断転載禁止
689253 0 参院選2019 2019/07/13 05:00:00 2019/09/19 15:41:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190712-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ