[ドキュメント 投票まで8日]稲田・蓮舫氏 復権かける

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

応援演説の後に、女性の有権者と触れ合う自民党の稲田朋美筆頭副幹事長(右)(埼玉県本庄市で)
応援演説の後に、女性の有権者と触れ合う自民党の稲田朋美筆頭副幹事長(右)(埼玉県本庄市で)
大学生との記念撮影に応じる立憲民主党の蓮舫副代表(左)(静岡市で)
大学生との記念撮影に応じる立憲民主党の蓮舫副代表(左)(静岡市で)

 再起を期す与野党の女性論客が、選挙応援で全国を駆け回っている。

 12日午前、埼玉県本庄市。自民党の稲田朋美・筆頭副幹事長(60)はビールケースに上ると、「自衛隊を誰にも憲法違反と言わせない憲法の議論をやりたい」と声を張り上げた。

 弁護士出身。安倍首相の「秘蔵っ子」として、党政調会長や防衛相などを歴任した。だが、2017年7月に陸上自衛隊の日報問題が起きると、引責辞任に追い込まれた。この日も防衛相時代を振り返り、「試練の1年、反省の1年だった」と頭を下げた。

 対する立憲民主党。「勝負服」である白のジャケット姿の蓮舫副代表(51)は12日午後、静岡市内の私立大を訪れ、「関心を持ってもらったら生活にすごく近いんだよ、政治って」と約40人の学生に呼びかけた。

 タレント、報道キャスターから政界に転身。16年9月には旧民進党の代表に就任したが、東京都議選で惨敗し、1年も持たずに辞任した。ただ、抜群の知名度は衰えておらず、蓮舫氏の前には記念撮影を求める長蛇の列ができた。

 鋭い弁舌で今も応援弁士としては人気が高い2人。地道な汗を復権につなげられるか。

無断転載禁止
689347 0 参院選2019 2019/07/13 05:00:00 2019/09/19 15:41:30 応援演説の後に、女性の有権者と触れ合う自民党の稲田朋美筆頭副幹事長(12日、埼玉県本庄市で)=草竹敦紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190712-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ