参院選争点「年金」最多41%…読売世論調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社の全国世論調査で、参院選で最も重視する政策は「年金など社会保障」41%が最も多く、「景気や雇用」19%、「外交や安全保障」10%、「子育て支援」と「消費税率の引き上げ」が各8%、「憲法改正」7%の順だった。

 年代別にみると、40歳代以上では「社会保障」がトップだったが、20歳代は「景気や雇用」と「社会保障」が各28%で並び、30歳代は「子育て支援」と「景気や雇用」が各27%と多かった。18、19歳では「社会保障」21%に、「子育て支援」「外交や安全保障」「景気や雇用」が各16%で続き、上位項目の差が小さかった。

 比例選の投票先政党別では、いずれも「社会保障」が最も多く、立憲民主党を投票先に挙げた人では5割を超えた。

 参院選に「関心がある」と答えた人は、「大いに」30%と「多少は」41%を合わせて71%だった。調査方法が一部異なるが、前回2016年参院選終盤に行った調査では74%だった。支持政党のない無党派層では57%(前回61%)だった。

 全体の年代別でみると、「関心がある」は70歳以上が78%で最も高く、60歳代と50歳代も7割台。40歳代は6割台、30歳代は5割台、20歳代は5割弱だった。「18歳選挙権」が導入されて2回目の参院選となった18、19歳では45%にとどまり、前回16年調査の67%から大幅に低下した。

 投票に「必ず行く」と答えた人は全体で64%(前回67%)。無党派層に限ると49%(同53%)だった。

無断転載・複製を禁じます
691337 0 参院選2019 2019/07/14 23:00:00 2019/09/19 15:41:20 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190714-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ