亥年の参院選、投票率低い?…自民苦戦の傾向も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4年ごとの統一地方選と3年ごとの参院選が重なる12年に1度の「年選挙」では、参院選の投票率が低下したり自民党が苦戦したりしたことがあった。21日投開票の今回の参院選でも亥年のジンクスは再来するのか、政界関係者らの注目を集めている。

 亥年の参院選は今回を除いて戦後6回あった。投票率を見ると、1947年と2007年を除く4回で前回を大幅に下回った。95年は過去最低の44・52%(選挙区選)に落ち込み、全国規模の国政選で5割を割った唯一の例となった。

 投票率が下がりやすい要因として「地方議員の動きが少なくなる」との指摘がある。選挙区の広い参院選では、地方議員が選挙戦の実動部隊になることが多い。亥年の場合、春の統一選の後、夏に参院選がやって来るため、連戦による疲れで支持者への働きかけが鈍るとされる。「地方議員からすれば、自身の選挙が終わったばかりで、他人の選挙にまで力が入らない」(与党関係者)という事情もあるようだ。

 一般的に投票率が低くなると、組織戦を得意とする自民、公明両党に有利に働くとの見方が多い。自民党が政権を奪還した12年衆院選以降、5回の国政選(補選を除く)では投票率が60%に届かず、自民党が5連勝した。慶大の小林良彰教授(政治学)は「組織の強い自公は得票の変動が少なく、組織の弱い野党は投票率が上がれば票が伸びる」と指摘する。

 一方で亥年の参院選を巡っては、投票率に関係なく「自民党が苦戦する」という見方もある。55年体制下では、59年と83年に社会党に圧勝するなど、自民党は亥年の参院選で苦戦していたわけではないが、55年体制が崩壊した90年代以降、自社さ政権の95年は不振に終わり、07年は惨敗した。95年は社会党との連立政権が批判を受け、第1次安倍内閣だった07年は、年金記録漏れ問題や閣僚の不祥事が相次いだ。

 読売新聞社が12~14日に行った参院選の中盤情勢調査では、自民、公明の与党が堅調だった。自民党は「亥年選挙のジンクスを破る」(幹部)と意気込む。

無断転載禁止
693924 0 参院選2019 2019/07/17 05:00:00 2019/09/19 15:41:09 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190717-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ