知事、梅雨寒は「新人に不利な環境かな」…参院選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県の上田知事は17日の定例記者会見で、21日投開票の参院選について、6月下旬から続く記録的な日照不足による「梅雨寒つゆざむ」を念頭に、「新人に不利な環境かなと思う。現職の2倍、3倍の工夫と努力が必要だ」と述べた。理由については、「雨が降っていると窓を開けない。車などで回っても、どの(陣営の)車だったかよく分からない」と解説した。

 投票率を巡っては「大きいテーマがあるのだから、もっと渦を巻くような論争になれば、おのずから投票率は上がる」と指摘。「各党、それぞれのテーマを受け取り拒否(する)みたいな形になっている。憲法問題は野党側が受け取り拒否、年金は(与党側が)受け取り拒否と、そればっかり一生懸命言う2通りだ」と各党の姿勢に注文をつけた。

無断転載・複製を禁じます
698106 0 参院選2019 2019/07/19 10:34:00 2019/09/19 15:44:15

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ