知事、梅雨寒は「新人に不利な環境かな」…参院選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県の上田知事は17日の定例記者会見で、21日投開票の参院選について、6月下旬から続く記録的な日照不足による「梅雨寒つゆざむ」を念頭に、「新人に不利な環境かなと思う。現職の2倍、3倍の工夫と努力が必要だ」と述べた。理由については、「雨が降っていると窓を開けない。車などで回っても、どの(陣営の)車だったかよく分からない」と解説した。

 投票率を巡っては「大きいテーマがあるのだから、もっと渦を巻くような論争になれば、おのずから投票率は上がる」と指摘。「各党、それぞれのテーマを受け取り拒否(する)みたいな形になっている。憲法問題は野党側が受け取り拒否、年金は(与党側が)受け取り拒否と、そればっかり一生懸命言う2通りだ」と各党の姿勢に注文をつけた。

無断転載禁止
698106 0 参院選2019 2019/07/19 10:34:00 2019/09/19 15:44:15

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ