選挙戦最終日、党首ら最後の訴え…参院選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 参院選の選挙戦最終日の20日、各党党首らは午前中から重点選挙区などの街頭に繰り出し、有権者に最後の訴えを行った。

 安倍首相(自民党総裁)は秋田市内で街頭演説し、「自衛隊の違憲論争に終止符を打つために、私たちはしっかりと憲法に自衛隊と明記する」と強調した。その後、埼玉、千葉を回り、今回も東京・JR秋葉原駅前で演説を締めくくる予定だ。

 公明党の山口代表は、最重点区の兵庫に入り、神戸市内でマイクを握った。最終演説は東京・JR錦糸町駅前で行う。

 立憲民主党の枝野代表は、東京・JR品川駅前で演説し、「老後や子育て、雇用の不安、理不尽、差別に直面している皆さんの声を国会に届け、まっとうな議論をさせる力を与えてほしい」と訴えた。枝野氏は静岡、京都、大阪を回り、神戸市内で遊説を終える。

 国民民主党の玉木代表は、静岡県磐田市内の街頭に立った。愛知、滋賀を回った後、広島市で最後のてこ入れをする。共産党の志位委員長は、議席を争う京都と大阪で遊説する。

 日本維新の会の松井代表は神戸市内で演説し、最後は地盤の大阪市内で支持を訴える。社民党の吉川幹事長は宮崎市内で街頭演説した。

無断転載禁止
700060 0 参院選2019 2019/07/20 13:24:00 2019/09/19 15:44:09

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ