参院選、投票始まる…22日未明には大勢判明へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第25回参院選は21日午前7時、全国で投票が始まった。即日開票され、22日未明には大勢が判明する見通しだ。

 改選定数は3増え、124議席(選挙区選74、比例選50)を争う。非改選の121議席と合わせ、選挙後の参院定数は245(同147、同98)になる。比例選では、得票に応じて各党派に配分される議席の範囲内で優先的に当選する「特定枠」が導入された。

 7月4日に公示され、選挙区選に215人、比例選に155人の計370人が立候補した。女性候補は104人で過去最高の割合(28・1%)となった。

 自民、公明両党で改選過半数となる63議席を確保できるかどうかが最大の焦点だ。17日間の選挙戦では年金制度、消費増税、憲法改正論議の推進の是非などを争点に各党が舌戦を展開した。

無断転載禁止
701199 0 参院選2019 2019/07/21 07:00:00 2019/09/19 15:44:02

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ