自民の高橋はるみ氏が初当選…北海道選挙区

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

花束を手に笑顔で支持者と握手を交わす高橋さん(21日午後8時31分、札幌市で)=松本拓也撮影
花束を手に笑顔で支持者と握手を交わす高橋さん(21日午後8時31分、札幌市で)=松本拓也撮影

 北海道選挙区(改選定数3)では、自民党新人で前道知事の高橋はるみ氏が初当選を決めた。

 高橋氏は通商産業省(現・経済産業省)に入り、北海道経済産業局長などを歴任。2003年の道知事選で初当選し、道政史上最長となる4期16年を務めた。

 4月に知事を退任し、国政選に初挑戦。知事時代に培った圧倒的な知名度も追い風となり、幅広い年齢層に支持を広げた。

 16年に改選定数が1増となった同選挙区は、現職2人の引退と不出馬により、新人9人の争いとなった。自民は2人、立憲民主、国民民主、共産の各党はそれぞれ1人擁立した。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
701457 0 参院選2019 2019/07/21 05:00:00 2019/09/19 15:44:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190721-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)