公明の山口那津男氏が4選…東京選挙区

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

当選確実になり支援者らと万歳をする山口那津男さん(21日午後8時5分、東京都新宿区で)=米田育広撮影
当選確実になり支援者らと万歳をする山口那津男さん(21日午後8時5分、東京都新宿区で)=米田育広撮影

 東京選挙区(改選定数6)では、公明党現職の山口那津男氏が4選を決めた。

 山口氏は選挙期間中、党代表として全国での応援に多くの時間を割いた。候補者としての演説は少なかったが、「安定した政治のためには公明党が必要だ」などと強調し、来春に始まる私立高校の授業料実質無償化などの実績を訴えていた。支持母体の創価学会を中心とする組織戦も展開しながら、着実に支持を広げた。

 2016年に改選定数が1増した同選挙区には20人が立候補。自民党や立憲民主党が2人を擁立したほか、野党候補も乱立して激戦となった。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
701460 0 参院選2019 2019/07/21 20:00:00 2019/09/19 15:43:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190721-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)