女性当選割合に注目…各党が積極擁立

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 参院選の女性当選者は、22日午前2時20分現在で24人となった。前回2016年参院選の女性当選者数は28人で、当選者全体に占める割合は23・1%だった。

 男女の候補者の均等化を求めた「政治分野における男女共同参画推進法」が昨年施行され、各党は参院選公約で、女性が活躍できる環境づくりを掲げた。今回、女性候補者の擁立に積極的に取り組む姿勢をアピールすることで、女性票の取り込みを図った。

 立候補した370人のうち女性は104人で、全候補者に占める割合は過去最高の28・1%となった。政府の男女共同参画基本計画は、衆院選と参院選の候補者に占める女性割合を20年までに30%にするとの目標を掲げている。これにはあと一歩、届かなかった。

 政党別では、社民党の71・4%(7人中5人)が最も高く、共産党の55%(40人中22人)、立憲民主党の45・2%(42人中19人)が続いた。自民党は14・6%(82人中12人)、公明党は8・3%(24人中2人)にとどまった。野党の方が現職が少なく、女性を含む新たな人材を起用しやすいという側面があるとみられる。

無断転載禁止
701897 0 参院選2019 2019/07/22 05:00:00 2019/09/19 15:46:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190722-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ