安倍首相の発言要旨

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相のテレビ各社の番組での発言要旨は次の通り。

【憲法改正】

 私の使命として、残された任期の中で憲法改正に挑んでいきたい。全員が一致しない限り議論すらしないのなら、国会議員としての職責を果たせない。参院選の結果を受けて、野党にも真摯(しんし)に対応していただきたい。

【自民党総裁4選】

 党則で(連続3期9年までと)決まっていることなので、党則の通り、残りの任期は全力を傾けて結果を出していきたい。(4選は)全く考えていない。

【消費増税】

 全世代型の社会保障制度を構築し、国の信認を守っていくためにも必要だ。10月に上げれば、安倍政権の間は上げないとはっきりと約束できる。

【外交政策】

 (北朝鮮による日本人拉致問題を)解決できないことは本当に痛恨の極みだ。あらゆるチャンスを逃さずに、行動する時には果敢に行動していきたい。任期中に日露平和条約の締結に向けて進んでいきたい。

【衆参同日選】

 (参院選に合わせて衆院選を行うかどうか)迷わなかったと言えばうそになる。

【衆院解散】

 衆院議員は常に緊張感を持たなければいけない。(首相在任中の)衆院解散は選択肢から外しているわけではない。

無断転載禁止
701898 0 参院選2019 2019/07/22 05:00:00 2019/09/19 15:46:07

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ