維新 関東で「2」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開票センターで記者の質問に答える日本維新の会の松井代表(21日午後9時11分、大阪市北区で)
開票センターで記者の質問に答える日本維新の会の松井代表(21日午後9時11分、大阪市北区で)

 日本維新の会は、4月の大阪府知事選と市長選のダブル選を制した勢いを追い風に、改選7議席から10議席に増やした。関東の選挙区選でも初めて議席を得た。

 盤石の地盤を誇る関西では、大阪(改選定数4)に擁立した現職と新人の2人が当選し、兵庫(同3)の現職も再選を果たした。

 これまで選挙区選で勝てなかった関東では、神奈川(同4)や東京(同6)などに候補者を擁立。神奈川で、今回の参院選を前に維新入りした元同県知事の現職、松沢成文氏が、東京で前都議の新人、音喜多駿氏が議席を確保した。

 比例選では、既に各地で基盤を持つ地域政党や元議員らとの連携を図った。北海道の地域政党・新党大地代表の鈴木宗男・元衆院議員が当選した。

 選挙戦では、松井代表(大阪市長)らが、大阪府・市での「身を切る改革」や教育無償化などの実績を強調し、「大阪での改革を全国に広げよう」と訴えた。

無断転載禁止
701916 0 参院選2019 2019/07/22 05:00:00 2019/09/19 15:46:10 記者会見する日本維新の会の松井代表(21日午後9時11分、大阪市北区で)=浜井孝幸撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190722-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ