氷河期世代の塩村文夏さん、非正規の経験訴え浸透

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

当選確実の報道を受け、支持者らと万歳する塩村さん(21日午後8時13分、千代田区で)
当選確実の報道を受け、支持者らと万歳する塩村さん(21日午後8時13分、千代田区で)

 立憲民主党新人の塩村文夏さんは当選確実の報を受け、午後8時10分頃、満面の笑みを浮かべて東京都千代田区のホテルに姿を見せた。支援者と握手と抱擁を繰り返した塩村さんは万歳三唱の後、選挙戦を「非正規雇用や女性の方からの声を実感した」と振り返った上、「時給をしっかり上げ、労働者派遣法を見直していくことが大切だ」と述べた。

 塩村さんは党所属議員の支援を受けて街頭演説を続けてきた。枝野代表や蓮舫副代表らが応援に駆けつけ、前都議としての自身の知名度を生かしながら、無党派層への浸透を図った。

 演説では、就職氷河期世代として非正規雇用で働いた経験に触れ、「実質賃金は下がってきている。労働法制を見直して皆さんが幸せに暮らせる社会を実現する」と主張。「防衛装備品の爆買いを進めている」と安倍政権を批判し、「税金は子育てや介護などの『安心』に充てるべきだ」と強調。社会保障の充実や雇用の安定を訴えた。

 SNSも積極的に活用し、演説前後の様子を撮影した動画などをツイッターやフェイスブックに投稿し、若年層を中心に支持を広げてきた。

無断転載禁止
702227 0 参院選2019 2019/07/22 10:38:00 2019/09/19 15:45:53 当選確実になり、支援者らと万歳する塩村文夏さん(中央)(21日午後8時13分、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190722-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ