参院選投票率48・80%、24年ぶり50%割る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は22日午前、第25回参院選の投票率(選挙区選)が48・80%で確定し、前回2016年参院選の54・70%を5・90ポイント下回ったと発表した。衆院選を含め、全国規模の国政選として過去最低だった1995年の参院選(44・52%)以来24年ぶりに50%を割り、同年に次ぐ低投票率となった。

 男性の投票率は49・42%で16年参院選より5・71ポイント低く、女性の投票率も48・22%で6・08ポイント低かった。

 都道府県別の投票率は、16年参院選より0・82ポイント上昇した高知県(46・34%)を除く46都道府県で下落した。下げ幅は5県で10ポイントを超え、最も下げ幅が大きかったのは青森県で、投票率は16年参院選より12・37ポイント低い42・94%だった。

 今回は、3年ごとの参院選と4年ごとの統一地方選が重なる戦後7回目の「亥年(いどし)選挙」で、統一選を終えた地方議員らの動きが鈍くなり投票率が低下しやすいとされる。選挙期間中に台風や大雨などの被害が相次いだことも、投票率に影響したとみられる。

無断転載禁止
702105 0 参院選2019 2019/07/22 10:06:00 2019/09/19 15:45:54

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ