参院選女性当選者28人、過去最多の前回に並ぶ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 参院選の女性当選者は計28人で、前回2016年参院選の過去最多人数に並んだ。全当選者124人に占める割合は22・6%で、今回より改選定数が3少なかった16年の23・1%には届かなかった。

 党派別の女性当選者数は、自民党10人、公明党2人、立憲民主党6人、国民民主党1人、共産党3人、日本維新の会1人、無所属4人、諸派1人。

 今回の参院選は、男女の候補者の均等化を求めた「政治分野における男女共同参画推進法」が昨年施行されてから初の全国規模の国政選挙となった。各党派とも女性を積極的に擁立し、立候補した370人のうち女性は104人で、全候補者に占める割合は28・1%と過去最高だった。

無断転載禁止
702487 0 参院選 2019/07/22 14:08:00 2019/07/22 14:08:00 2019/07/22 14:08:00

候補者

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ