「業界・労組候補」堅調…比例選 ネット集票も存在感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 比例選では自民党が19議席を確保して他党を圧倒した。業界団体の支援を受ける候補が堅調に票を積み重ねる一方、インターネットでの支持呼びかけを中心に集票した候補も存在感を示した。立憲民主党や国民民主党では、産業別労働組合の組織内候補が比例選の議席枠の大半を占めた。

 自民党の柘植芳文氏は全国郵便局長会の支援を受けた。開票率99%で、党内最多となる約60万票の個人名票を得て当選した。全国郵便局長会の支援候補は13、16年参院選でも党内トップ当選している。

 上位当選者に、全国建設業協会や全国農政連など「常連組」の団体の支援候補が並ぶ中、業界団体の支援を受けずネットを駆使した山田太郎氏が、柘植氏に次ぐ約54万票の個人名票を集めた。

 党の獲得議席数は16年と同じだったが、優先して当選する「特定枠」を2人分設定したため、他の候補は事実上2減の枠を競った。「当選ライン」となる最下位当選者の個人名得票は約13万票で、16年に比べて約3万票あがった。

 比例選での野党の獲得議席は立民8、国民3。足し合わせると、分裂前の民進党が16年参院選で獲得した11議席と並んだ。

 立民では、労組の組織内候補5人が全員当選し、1~5位を占めた。私鉄総連の森屋隆氏は、落選した前回とほぼ同じ約10万票ながら当選した。集票力のある一部の労組の組織内候補が国民から出馬したことで、当選ラインが下がった。

 一方、国民の労組出身候補は、5人中2人が落選した。電機連合の石上俊雄氏は約19万票を集めたが、涙をのんだ。

無断転載禁止
702596 0 参院選2019 2019/07/22 15:00:00 2019/09/19 15:45:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190722-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ