当選者 決意新た…参院選一夜明け

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

塩村さん 街頭で報告■音喜多さん 戦友と抱擁■河井さん 笑顔で握手

駅前で有権者に当選報告をする塩村文夏さん(22日午前、東京都世田谷区で)
駅前で有権者に当選報告をする塩村文夏さん(22日午前、東京都世田谷区で)
当選を決めた柳ヶ瀬裕文さん(右)と喜び合う音喜多駿さん(同日午前、東京都港区で)
当選を決めた柳ヶ瀬裕文さん(右)と喜び合う音喜多駿さん(同日午前、東京都港区で)

 参院選から一夜明けた22日朝、当選を果たした新人は喜びをかみしめながら街頭に立ち、道行く人に決意と抱負を述べた。

 東京選挙区(改選定数6)で初当選した立憲民主党の新人、塩村文夏さん(41)は22日午前8時、都議時代の地元だった東急線三軒茶屋駅前(東京都世田谷区)で当選を報告した。「皆様の力で参議院に送っていただいた。まずは働き方の問題を見直し、約束した政策をしっかり進めたい」と笑顔で通勤客に手を振り、支援者と握手を繰り返した。

 都議会で「セクハラヤジ」を受けたことでも知られる塩村さんは、新人ながら当選者6人中4番目に多い約69万票を得票。「政権批判の受け皿になれたと思う」と表情を引き締めた。

 同選挙区で初当選を果たした日本維新の会の音喜多駿さん(35)は、港区赤坂の事務所で朝を迎えた。自身の当選後も、都議時代の同僚で選挙戦を二人三脚で戦ってきた同党比例候補の柳ヶ瀬裕文さん(44)の吉報を待ち続けたためだ。

 当初は地元・北区の十条駅で当選を報告するつもりだったが、柳ヶ瀬さんや支持者らとともに徹夜で事務所に待機。午前8時半頃になって柳ヶ瀬さんの当選確実が伝わると、大歓声の中で互いに抱き合った。音喜多さんは「最高の形で終わることができた。2人で一緒に国会で大暴れしたい」と意気込みを語った。

 広島選挙区(改選定数2)で初当選した自民党新人の河井案里さん(45)は、午前7時から広島市役所近くの交差点前で行き交う車や通行人らに手を振ってあいさつ。時折、通行人に駆け寄り、「がんばります」とにこやかな顔で手を握った。

 一方、政治団体「NHKから国民を守る党」は比例選で1議席を獲得し、代表を務める立花孝志さん(51)が当選を決めた。立花さんは「NHKを視聴したくない人は受信料を支払わなくて済む仕組み作りを国政の場でも主張したい」と話した。

無断転載禁止
702604 0 参院選2019 2019/07/22 15:00:00 2019/09/19 15:45:50 朝から街頭に立ち、当選の報告をする塩村文夏さん(世田谷区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190722-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ