れいわ2人当選、国会バリアフリー化を検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長は22日、国会内で会談し、「れいわ新選組」から筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)患者の舩後ふなご靖彦氏ら重度の障害を持つ2人が初当選したことを受け、参院で必要なバリアフリー化を検討することで一致した。

 2人は大型の車いすを利用している。参院では「押しボタン式」の採決が導入されているが、手が自由に動かせないため、代替策も必要となる。

無断転載禁止
702929 0 参院選2019 2019/07/22 19:37:00 2019/09/19 15:45:47

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ