次期衆院選 試算すると…小選挙区 野党共闘一本化でも 自公大勝 300議席近く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

維新「33」、れいわ「5」

 今回の参院選の結果を衆院選(定数465)に当てはめると、自民、公明の与党が300近い議席を得て大勝することが読売新聞社の試算でわかった。

 試算では、全289の小選挙区で自民と公明のどちらかの候補が出馬すると仮定。野党は立憲民主、国民民主、共産、社民の4党と衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、野党系無所属が候補者を一本化したと仮定した。その上で今回の参院選挙区選の各党候補の得票を、衆院選挙区単位で当てはめた。自治体が複数の衆院選挙区にまたがる場合は、有権者数に応じて各党候補の得票数を割り振った。

 衆院比例選(定数176)の試算は、参院比例選の各党得票数を衆院選の11ブロックに当てはめて行った。

 その結果、自公両党は衆院選で298議席(小選挙区選197、比例選101)を獲得するとの数字がはじき出された。小選挙区選では北海道、兵庫、福岡など計25道県で議席を独占する。ただ、現有の314議席に比べると16議席減らす。2012、14、17年衆院選に続く300議席超はならない計算だ。与党と憲法改正に前向きな日本維新の会を加えた勢力は計331議席で、国会発議に必要な定数の3分の2(310)を維持するとの結果が出た。

 一方、野党5党派は計129議席(小選挙区選73、比例選56)で6減らす。参院選で接戦が多かった東北6県は、計23小選挙区のうち野党が13議席を獲得し、自公を上回った。静岡や長野など7県では、野党5党派が全勝した。

 春に行われた大阪府知事と大阪市長のダブル選に勝ち、参院選でも好調だった維新は、衆院選に当てはめると現有11議席から33議席へと大幅に伸ばす。大阪府内の全19小選挙区で勝利し、17年衆院選から3倍になる計算だ。れいわ新選組は比例選で計5議席を得るとの試算結果が出た。

無断転載禁止
703489 0 参院選2019 2019/07/23 05:00:00 2019/09/19 15:45:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190723-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ