18・19歳の参院選投票率、大幅低下31%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は23日、今回の参院選挙区選の18歳と19歳の投票率(抽出調査)を公表した。18歳は34・68%で、19歳は28・05%と2割台にとどまった。18歳と19歳を合わせた投票率は31・33%となり、全体の投票率48・80%を17・47ポイント下回った。

 前回2016年参院選の46・78%(全数調査)からも15・45ポイント下がった。「18歳選挙権」が導入されて初の国政選挙となった16年参院選に比べ、18、19歳の関心が低下したとみられる。男女別では男性が30・02%、女性は32・75%だった。

 調査は、47都道府県からそれぞれ4投票区を抽出し、18~19歳の有権者1万1914人の投票状況を調べた。

無断転載禁止
704570 0 参院選2019 2019/07/23 19:28:00 2019/09/19 15:45:41

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ