自民・山田太郎氏の515票、ミスでれいわ・山本太郎氏へ…当落への影響なし

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 21日に投開票された参院選で、静岡県富士宮市選挙管理委員会は23日、比例選で当選した自民党の山田太郎氏の得票515票全てを、落選したれいわ新選組代表の山本太郎氏の得票として集計するミスがあったと発表した。総務省によると、当落への影響はないという。

 市選管は当初、山田氏0票、山本氏1453票と発表していた。しかし、市民から22日夜、市選管に「山田氏に1票も入ってないのはおかしい」との指摘があり、再点検してミスが判明した。市選管は23日、得票結果を訂正した。

 市選管は集計の際、候補者ごとに仕分けした票の束に候補者名を記した紙をはっていたが、山田氏の束に山本氏と書かれた紙をはってしまったという。市選管は「名前が似ていたため、チェックをすり抜けてしまった。申し訳ありません」と謝罪した。

無断転載禁止
704573 0 参院選2019 2019/07/23 19:33:00 2019/09/19 15:45:40

候補者

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ