豊田真由子氏に打診も不調、N国・立花党首「自分が出馬すべき」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

参院補選に出馬することを表明した立花党首(8日、国会内で)
参院補選に出馬することを表明した立花党首(8日、国会内で)

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)は8日、国会内で記者会見を開き、参院埼玉選挙区補欠選挙(10日告示、27日投開票)に立候補する意向を表明した。立花氏は7月の参院選比例選で初当選したばかりだが、立候補により自動失職をするとしている。「国会議員の議席を増やすという前向きな思いで補選に挑戦することを決めた」として党勢拡大に意欲を示した。

 立花氏は会見で、「(党の独自候補を)擁立という方向で進めていたが、その間に自民、公明が候補者を立てないということになり、勝てる可能性の選挙に変わってきた」と述べた。前衆院議員の豊田真由子氏らに出馬を打診したが前向きな返事が得られず、自分が出るべきと考えたという。

 補選には今夏まで4期16年にわたり知事を務めた上田清司氏(71)が立候補を表明。自民や立憲民主、国民民主などの主要各党は候補者の擁立を見送った。立花氏は、「知事選ではなく国会議員を選ぶ選挙だ。自公や野党が(候補を)出さないということは考えられない」と他党の姿勢を批判した。

 補選は大野知事の参院議員辞職に伴うもので、大野知事が7月の参院選の公示までに議員辞職していれば、参院選との合併選挙になっていた。この点についても言及し、「22億円もの選挙費用がかかる。税金の無駄遣いだ。N国以外の政党は指をくわえてみている。こんなのは許せないでしょう」と語気を強めた。

 立花氏は、「一番の公約はNHKのスクランブル放送の実現」として、党がこれまでに公約で掲げてきた見たい人だけ受信料を支払うスクランブル放送の実現を訴えた。

共産擁立せず 自主投票決定

 共産党県委員会は8日、さいたま市大宮区で緊急総会を開き、参院埼玉選挙区補欠選挙で候補者擁立をせず、自主投票とすることを決定した。

 記者団の取材に応じた荻原初男委員長は「一部からは候補者擁立を求める声もあったが、野党共闘を今後につなげていくという立場を考えたときに自主投票になった」と説明した。

 共産党県委員会は9月に補選への立候補の意向を表明した上田清司前知事が憲法改正に前向きな姿勢を示したことから、独自候補の擁立も含めた対応を検討していた。立憲民主、国民民主両県連は上田氏に対し友情支援をすることを決定、社民党県連は自主投票としている。

無断転載禁止
836760 0 参院選 2019/10/09 10:37:00 2019/10/09 10:37:00 2019/10/09 10:37:00 国会内で補選に出馬することを表明した立花党首(参院議員会館で)=福田麻衣撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191009-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ