参院埼玉補選告示、立花・上田両氏の争い確定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10日告示された参院埼玉選挙区補欠選挙は届け出が締め切られ、NHKから国民を守る党党首で前参院議員の立花孝志氏(52)と、無所属新人で前埼玉県知事の上田清司氏(71)の2人の争いが確定した。投開票は27日。

 立花氏は7月の参院選比例選で初当選。補選への立候補により参院議員は自動失職し、N国の浜田聡氏(42)が比例で繰り上げ当選となる。立花氏は既得権益の打破を訴え、支持拡大を目指す。

 上田氏は県知事を4期16年務めたが、8月の知事選には不出馬。補選では立憲民主、国民民主両党が自主支援し、候補擁立を断念した自民党も、憲法改正に前向きだとして上田氏との協調を模索している。

 補選は埼玉県知事に転身した前参院議員の大野元裕氏の議員辞職に伴って実施され、任期は2022年7月まで。

無断転載禁止
838589 0 参院選 2019/10/10 11:03:00 2019/10/10 22:02:04 2019/10/10 22:02:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ