読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

参院2選挙が告示…衆院選の前哨戦、与野党は総力戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅政権にとって初の国政選挙となる参院長野選挙区補欠選挙と参院広島選挙区の再選挙が8日、告示された。いずれも与野党対決の構図で、各党は秋までに行われる衆院選の前哨戦と位置づけ、総力を挙げて臨む構えだ。13日告示の衆院北海道2区補選とともに25日に投開票される。

 選挙戦では、菅政権半年の評価や新型コロナウイルス対策、「政治とカネ」が争点となる。勝敗は菅首相の政権運営や衆院解散戦略にも影響を与えそうだ。

 長野補選は立憲民主党の羽田雄一郎・元国土交通相の死去に伴うものだ。自民党の元衆院議員・小松裕氏(59)(公明党推薦)、雄一郎氏の弟で立民の羽田次郎氏(51)(共産、国民民主、社民各党推薦)、NHK受信料を支払わない方法を教える党の神谷幸太郎氏(44)の新人3人が出馬した。

出陣式で、支持者とともに必勝を誓う陣営関係者ら(8日午前、広島市中区で)=金沢修撮影
出陣式で、支持者とともに必勝を誓う陣営関係者ら(8日午前、広島市中区で)=金沢修撮影

 広島再選挙は、公職選挙法違反(買収など)で有罪が確定した河井案里氏(自民を離党)の当選無効に伴って行われる。諸派のフリーアナウンサー・宮口治子氏(45)(立民、国民、社民各党推薦)、自民の元経済産業省職員・西田英範氏(39)(公明推薦)のほか、N教の山本貴平氏(46)、無所属3人の計6新人が立候補を届け出た。

無断転載・複製を禁じます
1971994 0 参院選 2021/04/08 21:19:00 2021/04/08 21:27:58 候補者(手前左)とともに気勢を上げる有権者ら(8日午前9時48分、広島市中区で)=金沢修撮影 ■候補者などが特定できないよう注意■ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210408-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)