自民・茂木幹事長、参院選「1人区」テコ入れ…青森で「アピール力ある候補を早急に」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の茂木幹事長は11日、青森県を訪れ、来夏の参院選に向け、県連幹部らと意見交換した。参院選では、青森など全国に32ある改選定数1の「1人区」が勝敗のカギを握るため、茂木氏は1人区を中心に全国行脚し、テコ入れを図っている。

参院山形選挙区 自民が擁立方針
記者団の質問に答える茂木幹事長(11日午後、青森市で)=福田麻衣撮影
記者団の質問に答える茂木幹事長(11日午後、青森市で)=福田麻衣撮影

 青森市内のホテルで開かれた県連幹部との会合で、茂木氏は「参院選で必ず勝つことが、政権の安定には必要不可欠だ」と強調した。県連は公募で候補者を選定する方針で、茂木氏は「アピール力のある候補を早急に選んでほしい」と求めた。その後、市内で農業や医療関係者らと車座で対話し、現場の声に耳を傾けた。

 茂木氏は、12日には同じく1人区の岩手県に入り、地方組織との連携強化を図る。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2589749 0 参院選 2021/12/11 17:48:00 2022/05/09 18:23:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211211-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)