「自民の不戦敗はあり得ない」、県連会議に飛び交う怒号…候補擁立の見送り論浮上で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏の参院選山形選挙区(改選定数1)で候補擁立の見送り論が自民党で浮上していることについて、同党県連が県内の各支部長らを集めた9日の会議で反対意見が続出し、候補擁立を求める根強い意見が上がった。これに対し、県連会長の遠藤利明党選挙対策委員長は、県連の意向を踏まえ、最終的に党本部が決定するとの認識を示した。

無所属の橋本聖子参院議員、7月1日にも自民党復党へ…五輪大会組織委解散に伴い
会議の冒頭であいさつする遠藤氏(9日、山形市荒楯町で)
会議の冒頭であいさつする遠藤氏(9日、山形市荒楯町で)

 会議は県内の各支部長、幹事長、選対委員ら約100人が出席し、冒頭のみ報道陣に公開された。

 遠藤氏は、国民民主党が政府の2022年度予算に衆参両院で賛成したことに触れ、「大変重たい判断だ」とあいさつ。山形選挙区で3選を目指す国民の舟山康江筆頭副代表(55)に配慮し、自民が候補擁立を見送る案が出ていることを念頭に、遠藤氏は「党として、県連として候補者を擁立する原則は当然だが、国全体の動きを見ながら、最終的な決定をさせていただきたい」と述べた。

1

2

参院選2022、特集と最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2910196 0 参院選 2022/04/10 17:53:00 2022/05/11 16:09:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220410-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

候補者を探す

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)