参院選 香川選挙区の立候補予定者[参議院選挙2022]

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

共闘整わず 候補乱立か

 3選を目指す自民現職に対し、野党は共闘が整わずに候補が乱立する見通しだ。自民の磯崎は、官房副長官を務める岸田政権での存在感をアピールして支持固めを進める。立民の茂木は小川政調会長、国民の三谷は玉木代表と、それぞれ党幹部の支援を受けて浸透を図る。維新の町川は非自民・非共産票の受け皿となる戦略を描く。共産は政権批判票の取り込みを図り、石田を擁立した。

<上>買い控え 将来への不安

香川 改選定数1

磯崎仁彦 64 自 現《2》官房副長官〈公〉

茂木邦夫 35 立 新 (元)土庄町議

町川順子 63 維 新 (元)参院議員秘書

石田真優 40 共 新 党県常任委員

三谷祥子 55 国 新 弁理士

鹿島日出喜 77 諸 新 新風党員

一覧の見方

 立候補予定者は読売新聞社調べ。引退表明した現職を除く。比例選は、現時点で名簿の届け出要件を満たすとみられる政党・団体などが発表した予定者。敬称略。

 年齢は22日現在。党派は、自=自民、立=立民、公=公明、維=維新、共=共産、国=国民、れ=れいわ、社=社民、N=N党、諸=諸派、無=無所属。現=現職、元=当選歴のある人、新=新人。当選回数。(元)は前職を含む過去の役職。〈 〉は推薦・支持政党。

 選挙区の氏名と比例選の党派の並びは、参院勢力順。比例選の諸派は略称の50音順。同一党派内では、現、元、新の順。新旧が同じ場合は当選回数順。当選回数が同じ場合は50音順。肩書は本社調べによる代表的なもの。

参院選2022(7/10投開票) 各地の最新情勢
香川選挙区のニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
3020572 0 参院選 2022/05/22 08:45:00 2022/05/22 08:45:00

候補者を探す

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)