参院選 公明、自民推薦 岡山見送り 山形、新潟など 4選挙区は調整継続

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公明党は26日、参院選の14選挙区で自民党候補を推薦することを決めた。岡山選挙区(改選定数1)では推薦を見送り、自主投票とする。自公による相互の推薦は、選挙協力の対象となった38選挙区の全てでは、実現しないことが確定した。

[党首走る]「聞く力」を「実行力」に…自民・岸田総裁(64)

 公明が新たに推薦するのは、千葉や山口、沖縄などの15人で、推薦決定は計33選挙区となった。対応が未定の4選挙区(山形、新潟、長野、京都)では、両党の地方組織間で調整を続ける。公明の北側一雄副代表は26日の記者会見で「選挙はこれからで、(推薦決定が)決して遅れているとは思わない」と述べた。

 岡山選挙区を巡っては、公明の高木陽介選挙対策委員長が26日の党中央幹事会で「自民党から推薦依頼がなく、選挙協力に至るまでの関係が構築されていない」と報告した。

参院選2022、特集と最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
3033593 0 参院選 2022/05/27 05:00:00 2022/05/27 11:01:12

候補者を探す

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)