参院選あす公示、530人出馬予定…1人区の野党競合は21選挙区で19年とは構図変化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第26回参院選は22日、公示される。7月10日の投開票に向け、物価高対策や安全保障政策を主な争点に18日間の選挙戦が始まる。

 改選定数124(選挙区選74、比例選50)と、神奈川選挙区の非改選の欠員1を合わせた125議席が争われる。読売新聞社の集計では、20日現在で約530人が立候補を予定している。370人が立候補した2019年の約1・4倍となる。女性の立候補者数は、過去最多だった1989年の146人を上回る見通しだ。

 勝敗を左右する全国32の「1人区」(改選定数1)では、自民党が全てで候補を擁立するのに対し、野党系は21選挙区で競合。全1人区で候補を一本化した19年とは、構図が様変わりしそうだ。

 昨年の衆院選に続く「連勝」を狙う岸田首相(自民党総裁)は、勝敗ラインを自民、公明両党で非改選を合わせた過半数(125議席)に設定している。

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
3099191 0 参院選 2022/06/21 00:00:00 2022/06/21 06:51:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220620-OYT1I50153-T.jpg?type=thumbnail

開票結果

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)