女性候補に「出産してないくせに」「交際して」…票ハラ「笑顔で受け流すしかない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

街頭演説に臨む女性候補(24日)=宇那木健一撮影
街頭演説に臨む女性候補(24日)=宇那木健一撮影

 政治を志す人や議員への嫌がらせ「票ハラスメント(票ハラ)」対策が課題となる中、参院選には、過去最多の181人の女性が立候補した。有権者が投票の見返りに候補者に様々な要求をする票ハラは、女性や若者らの政治参加の障害になるとも指摘されており、国や地方議会が対策に乗り出している。

新型コロナ「第7波」で小児搬送が急増…専門病院の病床逼迫、手術延期など影響

握手や撮影で

 「笑顔で受け流すしかない」。近畿で活動する女性候補は公示前の今月中旬、票ハラについてあきらめ顔で話した。

 新型コロナウイルスの新規感染者が減少し、有権者と握手する機会が増えると、手を握ったまま離さない男性がいた。写真撮影と称して肩を組み、体を寄せ付けてくる被害もあった。

 これまでも、男女問わず「子どもを産んでないくせに」「スカートをはくな」といった心ない言葉を浴びせられた。政治活動用に公表しているメールアドレスに、交際を申し込む文面が届いた経験もある。

 女性は「票をほしい政治家が反論したり、断ったりしないことをわかってやっており、悪質だ。女性議員を増やし、こうした世の中を変えたい」と強調する。

 内閣府によると、当選回数の多いベテランらが立場を利用して、若手議員の意に反した言動をすることもハラスメントに当たる。

1

2

3

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
3112861 0 参院選 2022/06/25 07:00:00 2022/06/26 00:54:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220625-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

開票結果

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)