[参院選2022 ドキュメント]土俵際 社民、必死の訴え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

街頭演説終了後、有権者と話す社民党の福島党首(左)(27日、浜松市のJR浜松駅で)
街頭演説終了後、有権者と話す社民党の福島党首(左)(27日、浜松市のJR浜松駅で)

 社民党が土俵際の選挙戦に臨んでいる。55年体制の一翼を担った前身の社会党結党から77年。得票率次第では公職選挙法上の政党要件を失う事態になるためだ。

社民党、比例得票率2%超で政党要件を維持…5選の福島党首「改憲阻止の闘争全力で」

 「頑張りたいんです、頑張りたいんです。市民運動とつながって国会を変えたいと思っている泥臭い政党がなくなったら困るじゃないですか」

 福島党首は27日、浜松市のJR浜松駅前でマイクを握ると、約70人の聴衆に必死で訴えた。

 公選法上の政党要件を維持するには、〈1〉所属国会議員が5人以上〈2〉直近の衆院選か参院選で有効投票総数の2%以上の得票――のいずれかを満たす必要があるが、ハードルは高い。

 社民の国会議員は福島氏を含めて現在2人で、直近3回の参院選では比例選の1議席しか獲得できていない。昨年10月の衆院選では、比例選の得票率が1・77%にとどまった。

 こうした状況に、政界を引退して久しい初代社民党首の村山富市・元首相は今月下旬、機関紙にこんな激励文を寄せた。

 「社民党は憲法9条を守ってきたし、これからも堅持していかなければならない! 私はこの春、98歳になりましたが、体力の許す限り頑張ります」

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選当選者 社民比例名簿・候補者
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
3119513 0 参院選 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50177-T.jpg?type=thumbnail

開票結果

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)