[注目区を行く・山形]自民「不戦敗」模索で波紋

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内有数のコメどころとして知られる山形県の庄内平野。その北端に位置する遊佐町の田園地帯に6月29日夕、自民党山形県連会長で党選挙対策委員長の遠藤利明(72)の声が響いた。

「今後の社会しっかり論じる」 舟山氏一夜明け決意新た

 「火中の栗を拾うと言うが、『大内さん、あなたしかいない』。口説かせてもらいました」

 紹介された参院山形選挙区の自民新人、大内理加(59)は、コメ農家ら約50人を前に「野党だけの戦いになったら、政権与党を支持する皆様方の選択肢を失っていた。山形の有権者だけがその機会を失ってはならない」と力説した。

 自民が大内の公認を発表したのは、参院選公示を3週間後に控えた6月1日だった。全45選挙区49人の中で最も遅かった。

 ともに県議だった祖父、父を持つ大内は、自らも県議を13年間務めた。昨年1月には、知事選に出馬した。結果は、野党各党の県組織の支援を得た吉村美栄子(71)に大差で敗れ、4選を許した。

 大内の擁立がずれ込んだのは、自民執行部が当初、「不戦敗」を模索したためだ。相手候補で3選を目指す国民民主党筆頭副代表の舟山康江(56)が、今年度当初予算に賛成したことへの配慮だった。

 自民執行部には、参院選全体で国民との協力関係を築き、参院選後に連携を強化する思惑があった。しかし、県連からは「今さら舟山と書けというのか」、「誰も出さないのは政権与党として恥ずかしい」と、批判が噴出した。

 結局、国民内から反発が出て、全国的な選挙協力は実現に至らず、自民の執行部は擁立にカジを切った。自民の応援弁士は、選挙戦で擁立の経緯にはほとんど触れない。むしろ、「『短期決戦』に挑む覚悟を決めた」と、大内を持ち上げ、その決断力を強調する場面が目立つ。

 もっとも、出遅れの代償は小さくなかった。参院選公示後の党独自の世論調査では、「大内に投票する」という回答は、自民支持層の7割台にとどまった。「党員にもしっかりとアプローチして、8割台に乗せないといけない」。危機感を強めた地元県連は、遊佐町での演説に先立ち、同じ6月29日に緊急会合を開き、遠藤が県議らに足元を固めるよう求めた。

 県連や大内の準備不足は否めない。選挙運動用のビラは1種類しかなく、舟山陣営からは「演説内容の大半が、知事選の時と変わっていない」との指摘も出る。

 出遅れを挽回しようと、追い上げに懸命な大内陣営の幹部は、「とにかく時間がない。空中戦にならざるを得ない」と漏らす。連日、党幹部や閣僚が続々と山形入りし、公示前の18日に入った首相で党総裁の岸田文雄(64)が、最終盤に再び応援に入る計画がある。党本部は4日、山形を「最最重点区」(党幹部)に指定し、議席奪取に総力を挙げる。

 自民と国民の接近で痛手を負ったのは、舟山も同じだった。

 「今の厳しい経済状況に誰がしたのか。国の政策の間違いなんです」。舟山は7月2日、山形市内の演説会で政府・与党を厳しく批判した。

 山形では2016年、19年の参院選で野党勢力が結集し、共産が候補擁立を見送り、自民候補に連勝した。今回は、国民が予算に賛成し、与党との政策協議も深めたことで、その結束が完全に乱れた。

 共産は、舟山ら国民の動きを「与党化宣言」と批判し、今回は新人の石川渉(48)を立てている。

 立憲民主党は、舟山を表向きは「支援」する。しかし、実際には舟山陣営と距離を置く行動が目立つ。6月24日には、立民選対委員長の大西健介(51)が比例選候補の応援で山形入りしたが、舟山の事務所に立ち寄ったのは3分だけだった。舟山と並んだ街頭演説もなく、山形を後にした。

 舟山を巡っては、自民による推薦案すら取り沙汰された。舟山陣営からは、「舟山に不信感を持ち、離れた支持者が出た可能性もある」と懸念する声が上がる。

 両陣営が勝敗に大きな影響を与えると見るのが、吉村の存在だ。

 吉村は6月21日、県庁で参院選への対応を問われ、「舟山さんを応援したい心情はしっかりある。ただ、中央政府との連携も考えなければいけない」と複雑な心境を吐露した。

 自民は、吉村を引き寄せようと、これに先立つ16日には、吉村が首相官邸で岸田に名産のサクランボを直接贈呈する機会を設けた。2日後の18日には、吉村が自民県連大会に出席し、遠藤らを喜ばせた。

 昨年の知事選での支援への「恩返し」を強く意識する吉村は、7月2日朝、舟山の事務所を訪れた。「舟山さんは熱心に私を応援してくれた。活躍を心から願っています」。吉村が、舟山にエールを送ると、支援者から万雷の拍手がわき起こった。

 大内陣営からは、「知事にこれ以上応援されると、難敵相手にきつくなる」と本音がこぼれた。

 永田町を舞台とした政党同士の駆け引きに巻き込まれた山形の有権者がどのような判断を下すのか。審判の時が近づく。(敬称略)(鷹尾洋樹、山形支局 吉田拓矢)

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選 山形選挙速報・開票結果【随時更新】
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
3146793 0 参院選 2022/07/07 05:00:00 2022/07/07 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220706-OYT1I50195-T.jpg?type=thumbnail

開票結果

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)