投票時間繰り上げ広がる、全国で37%が午後8時より前に終了…茨城・栃木・島根は9割超

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国政選挙で、投票終了時間を法定の午後8時より前に繰り上げる投票所が増えている。市町村が選任する投票立会人の負担軽減や、職員の時間外手当削減などが狙いだ。今回の参院選でも全国の投票所の37・3%が繰り上げを予定し、15年前より約9ポイント増えている。ただ、専門家からは「安易な繰り上げは、有権者の投票機会を奪いかねない」との指摘もある。

立会人負担軽減 職員手当削減

 千葉県館山市は今回の参院選で初めて繰り上げを行い、午後6時に全21投票所を閉める。昨秋の衆院選では投票者約2万人のうち期日前投票が約41%を占めた。当日の午後6時までに投票した人が約54%で、午後6時以降は約4%だった。

 繰り上げにより、投票立会人の負担は軽減される。山間部の畑地区で立会人を務めてきた男性(72)は「多くの有権者は午前中に来るので、夜はやることがない。疲れる座り仕事が早く終わるのはありがたい」と歓迎する。

 島根県益田市も、全50投票所のうち山間部の7か所を午後4時に閉める。担当者は「期日前投票が定着し、当日夜に訪れる人はほとんどいない」と説明する。

 投票時間の繰り上げで、職員も夜の業務が短くなるため、時間外手当を削減できる。館山市選挙管理委員会は、昨秋の衆院選で実施した場合、約92万円の削減効果があったと試算する。

 投票時間は公職選挙法で午前7時から午後8時までと定められているが、「投票に支障をきたさない特別の事情」があれば、市町村選管の判断で4時間まで繰り上げることが可能だ。

 総務省によると、今回の参院選では全国の投票所4万6017か所のうち、1万7178か所(37・3%)が終了時間を繰り上げる。

 都道府県別では、繰り上げ投票所の割合が最も高いのは茨城の96・7%で、島根94・0%、栃木91・1%が続く。これに対し、神奈川、大阪はゼロ、千葉、東京は1・4%と、都市部は繰り上げ投票所が少ない。

 一方、2010年参院選から繰り上げを行っていた群馬県大泉町は、15年7月の知事選以降、午後8時に戻した。同年4月に行われた県議選で投票率が43%と低かったため、有権者の利便性などから「繰り上げ解消」を求める県選管の要請に応じたという。

 近年の国政選挙は投票率40~50%台が続いている。江藤俊昭・大正大教授(地方自治)は「安易に投票所を減らし、時間を短縮することは住民の投票機会を奪うことになりかねない。必要性をよく検討し、実施する場合は移動投票所など代替手段を増やしてほしい」と指摘する。

若者向け バス巡回も

高校の敷地内に設けられた移動期日前投票所(1日、長野県伊那市で)
高校の敷地内に設けられた移動期日前投票所(1日、長野県伊那市で)

 投票立会人の確保困難などを理由に、投票所の数も減少傾向にある。総務省によると、今回参院選の投票所の数は4万6017か所で、前回2019年参院選より1016か所(2・16%)減った。

 一方、有権者の投票機会を確保するため、商業施設などに投票箱を置き、その自治体の有権者なら誰でも利用できる「共通投票所」の設置も進んでいる。16年参院選では4道県7か所のみだったが、19年参院選では8道県45か所に、今回は3倍超の16道県143か所に増えた。岐阜県白川町は今回の参院選から投票所を11か所から5か所に減らしたが、いずれも共通投票所として町内有権者がどの投票所でも利用できるようにした。

 また、バスなどに投票箱を載せて巡回する「移動期日前投票所」を設ける自治体も増えており、前回参院選は33自治体だったが、今回は85自治体となった。長野県伊那市は、高校生を含む若い有権者の投票率アップのため、今回参院選で初めて、高校敷地内に移動期日前投票所を設けた。

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
3146864 0 参院選 2022/07/07 05:00:00 2022/07/07 14:09:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220707-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

開票結果

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)