現在位置は
です

本文です

参院議員の長男・北海道議が酒気帯び運転発覚、辞職へ

 今月の参院選に北海道選挙区から自民党公認で立候補する予定の伊達忠一参院議員(68)の長男で、道議会議員の伊達忠応(ただまさ)氏(34)が昨年10月、酒気帯び運転で検挙されていたことが7日、明らかになった。

 忠応氏は同日記者会見し、道議を辞職する考えを示した。

 忠応氏や関係者によると、昨年10月、旭川市内のコンビニエンスストアで買った缶ビールを飲んで車を運転し、宿泊先の駐車場に車を止めたところ、警察官に見つかり、酒気帯び運転で交通違反切符を切られた。違反点数の累積で免許停止になったという。

 忠応氏は2003年に初当選。05年に暴行事件で道議を辞職したが、4月の道議選で再選した。

 忠一氏も7日、記者会見を開き、検挙当時、忠応氏は公設秘書だったことを明らかにした。酒気帯び運転について詳しい話を本人から聞いたのは6日だったという。

2007年7月7日20時34分  読売新聞)
現在位置は
です