現在位置は です

本文です

福田衣里子氏が落選…比例名簿順位は最下位

 比例選近畿ブロックに日本未来の党から立候補して再選を目指した福田衣里子氏の落選が決まった。

 薬害肝炎訴訟の九州原告団長を務めた福田氏は前回衆院選で、長崎2区に民主党から立候補。小沢一郎元民主党代表(現日本未来の党)の影響や指導を受けた「小沢ガールズ」として、自民党のベテラン議員を破り、政権交代の象徴にもなった。

 肝炎対策基本法の成立に取り組んだが、野田内閣の政権運営に反発して、民主党を離党。みどりの風を経て未来の党から出馬したが、比例選の名簿順位は最下位と、苦しい選挙戦を強いられた。

2012年12月17日02時18分  読売新聞)

現在位置は です