現在位置は です

本文です

大物破った維新新人は、たかじんさん診た開業医

 大阪11区(大阪府枚方、交野両市)では、日本維新の会新人・伊東信久さん(48)が、6選を目指した民主党前議員で、元官房長官の平野博文さん(63)らとの激戦を制し、初当選を果たした。

 枚方市の事務所で万歳した伊東さんは「大阪、日本をよくしたい思いが有権者に伝わった」と笑顔を見せた。

 ヘルニアの治療を中心に手がける開業医。患者だったタレントのやしきたかじんさんを通して橋下代表代行と知り合い、「維新政治塾」に参加した。“大物”候補が控える厳しい選挙区だったが、「大阪で実現した改革を国政でもやらせてほしい」と訴え、無党派層の支持をつかんだ。

 大阪8区(大阪府豊中市)では、橋下代表代行と大阪府立北野高校の同級生でラグビー部仲間の維新新人・木下智彦さん(43)が初当選を決めた。

 「バンザイ」の声が響き渡る事務所で、木下さんは祝福に駆け付けた橋下代表代行とがっちり握手。「支援者から受け取った思いを国政にぶつけていきたい」と意気込みを語った。

 現役の商社マンだが、間近で活躍する橋下代表代行の影響も受け、政治家を志した。

2012年12月17日09時19分  読売新聞)

現在位置は です