現在位置は です

本文です

菅さん、万歳なき復活当選「一番重い議席」

比例で復活当選したものの、厳しい表情で一礼する菅前首相(17日午前3時33分、東京都府中市で)=冨田大介撮影

 民主党の前首相、菅直人さん(66)は、東京18区で敗れたものの、重複立候補した比例選の東京ブロックで同党が確保した3議席の最後の1議席に滑り込み、17日未明に復活当選を果たした。

 同日午前3時半頃になってようやく姿を見せた菅さんは、「これまでで一番重い議席と感じている」と沈痛な表情で語った。

 東京18区では、自民党元議員の土屋正忠さん(70)が菅さんに約1万票の差をつけて当選。東京都府中市の菅さんの事務所は、重苦しい雰囲気に包まれた。その後、比例選での復活当選が報じられてから事務所に現れた菅さんは、残っていた数人の支援者と笑顔で握手を交わしたが、党が惨敗したため、恒例の万歳はしなかった。

2012年12月17日14時16分  読売新聞)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

現在位置は です