現在位置は です

本文です

藤村官房長官への維新刺客は29歳女性会社員

 17日に発表された日本維新の会の1次公認候補47人は、医師や新聞記者、地方議員や首長経験者ら多彩な顔ぶれとなった。

 男性43人、女性4人で平均年齢は42歳。維新政治塾生が3割以上を占めた。21都道府県にまたがり、地域別では近畿の21人が最多。中でも地元・大阪は12人の候補者を擁立する。

 大阪8区からの出馬が決まった商社社員の木下智彦さん(43)は、維新の会代表代行の橋下徹大阪市長の高校時代のラグビー部同期で、「彼の突破力は昔から知っている。一緒に日本を変えていきたい」と意気込んだ。

 滋賀1区に立つ会社社長奥村利樹さん(49)は、いじめを受けた大津市の男子中学生が昨年、自殺した時の同市PTA連合会役員。後手に回る市教委の対応に疑問を感じ、「教委改革に取り組み、明るい未来を子どもたちに託したい」と手を挙げた。

 大物への刺客候補も明らかに。大阪7区で藤村官房長官に挑む会社員上西小百合さん(29)は「責任は重いが、若さを強みに頑張りたい」と話した。

 ほかにも、埼玉県東松山市長を4期務めた坂本祐之輔さん(57)は地元の埼玉10区から、会社経営の伊藤俊輔さん(33)は、父の伊藤公介・元国土庁長官が地盤とした東京23区から国政に挑む。

2012年11月18日10時55分  読売新聞)

現在位置は です