現在位置は です

本文です

減税、亀井氏らと新党…第3極の二分化鮮明に

新党を結成し会見する減税日本代表の河村名古屋市長(中央)、山田元農相(左)、亀井元金融相(22日夜、東京都千代田区で)=伊藤紘二撮影

 減税日本代表の河村たかし名古屋市長は22日、脱原発や環太平洋経済連携協定(TPP)反対を掲げる山田正彦元農相、亀井静香元金融相らと会談し、新党「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(略称・脱原発)を結成することで合意した。

 今後、「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)との連携を模索する。中小政党が乱立する「第3極」勢力は、日本維新の会などと、脱原発などのグループに二分化する方向だ。

 12月16日投開票の衆院選は民主、自民、公明など既成政党と、第3極内の2グループが争う構図となりつつある。

 河村、山田、亀井3氏は22日、東京都内のホテルで会談し、新党結成で合意。その後、そろって記者会見し、「脱原発」や「消費税引き上げ凍結」「TPP不参加」などを掲げた設立趣意書を公表した。河村、山田両氏が共同代表を務め、亀井氏は幹事長に就任する。

2012年11月22日22時51分  読売新聞)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

現在位置は です