現在位置は です

本文です

「第3極」3分化…嘉田新党に生活・減税合流へ

 衆院選(12月4日公示—16日投開票)で、民主、自民の2大政党に対抗を目指す「第3極」勢力が27日、3分化する方向となった。

 「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(山田正彦、河村たかし共同代表)は、脱原発を主張する滋賀県の嘉田(かだ)由紀子知事(62)を代表とする新党に合流する方針を表明した。党名は「日本(にっぽん)未来の党」とする。一方、日本維新の会と、みんなの党は、合流見送りが決まった。第3極勢力は、脱原発勢力の「未来」を加えた3党を軸とした構図になろうとしている。

2012年11月28日01時19分  読売新聞)

現在位置は です