文字サイズ

    生活・小沢氏、所属議員に「生き残れる道選べ」

     「みんなの好きなようにしなさい。生き残れるような道を選びなさい」

     生活の党の小沢代表は、党所属議員を集め、他党から衆院選に立候補することを容認した。

     20日に民主党への復党の意向が明らかになった鈴木克昌幹事長と小宮山泰子国会対策委員長のほか、複数の前議員も民主党や維新の党からの出馬を検討している。民主党が消費税率の10%への引き上げ先送りを表明したことも、こうした動きを後押ししている。小沢氏ら残る5人の衆院議員は、引き続き生活の党から出馬する見通しだ。

     鈴木、小宮山両氏は、民主党時代から小沢氏を支え、2012年の社会保障・税一体改革関連法の採決でも造反し、政治行動を共にしてきた側近だ。その2人が同時に離れる事態は、小沢氏の政治力、求心力の低下を表すものだとの見方がある。

    (ここまで340文字 / 残り249文字)
    2014年11月21日 16時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 352 42 283 341 272 293
    民主 198 29 178 197 177 62
    維新 84 9 77 83 76 42
    公明 51 3 9 42 0 31
    次世代 48 3 39 45 36 19
    共産 315 79 292 42 19 8
    生活 20 3 13 19 12 5
    社民 25 1 18 24 17 2
    改革 4 1 0 4 0 0
    諸派 49 22 5 44 - 0
    無所属 45 6 45 - - 17
    1191 198 959 841 609 479

    欠員1

    「改革」=新党改革。諸派は幸福実現党など。

    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP