選挙の争点や各党の動きをお伝えします。
    党首走る

    連立の安定感アピール…公明党・山口代表(65)

    • 子育て中の母親たちと話す、公明党の山口代表(11日、横浜市中区で)
      子育て中の母親たちと話す、公明党の山口代表(11日、横浜市中区で)

     代表に就任して8年、大型国政選挙に臨むのは6回目だ。今年8月で代表在職日数は最長となった。

     13日午前に鹿児島市内で行った街頭演説では、支持者からの声援に、「なっちゃんです」と応える恒例のやりとりの後、「国民の命と平和な暮らしを守る責任感と実行力があるのは、連立政権しかない」と強調した。

     選挙戦では、教育費の負担軽減を前面に掲げる。11日に横浜市内で開いた子育て中の母親らとの車座座談会では、衆院選で2回も落選した苦労話を交えながら、子供3人を育てた自身の経験談を披露し、公約に掲げる消費税率引き上げの増収分を教育に充てる使途の変更に理解を求めた。

     政権を奪還して5年、当初は保守色の強い安倍首相との関係が懸念されたが、今回の衆院解散でも事前に根回しされるなど、呼吸は合っている。ただ、首相が掲げた憲法9条への自衛隊明記に慎重姿勢を示すなど、政策面の違いはくすぶったままだ。

     「自民党のエンジン、公明党のエンジンの両方がそろって安定した政治を進めることができる」

     最近の演説では、自公関係をこう説明する。

     自民党と野党の間で、埋没の危機感もある中、党の存在意義をどう示し、前回獲得と同じ35議席の目標を達成できるか。その手腕が問われる。(政治部 八角一紀)
     (この記事は、2017年10月13日読売新聞夕刊に掲載されました)

    2017年10月18日 16時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    候補者(50音順)

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 332 25 277 313 258 284
    希望 235 47 198 234 197 57
    公明 53 5 9 44 0 34
    共産 243 58 206 65 28 21
    立憲民 78 19 63 77 62 15
    維新 52 4 47 52 47 14
    社民 21 4 19 21 19 2
    こころ 2 1 0 2 0 0
    諸派 91 31 44 47 0 0
    無所属 73 15 73 - - 45
    合計 1180 209 936 855 611 472

    欠員3

    希望=希望の党、立憲民=立憲民主党、維新=日本維新の会、こころ=日本のこころ